ネット通販で芝生を購入するメリットとデメリット

ネット通販で芝生を購入しようと考えている方は、ネット通販における芝生特有のメリットとデメリットをちゃんと理解していますか?

ネット通販なら新鮮で高品質な芝生が届くって聞いたからなんとなく買ってみよう、というような認識だと後から後悔するかもしれませんよ。送料が高いのがデメリット?そういう問題だけじゃないんです。芝生をネットで買うのは、日用品や家電製品をネットで買うのとはわけがちがうんですよ。

今回は、私が実際にネット通販で芝生を買った経験からわかったメリットとデメリットを全てお伝えします。これからネット通販で芝生を購入しようと考えている方、ホームセンターで買うかネット通販で買うか迷っている方は、是非最後までご覧ください。

目次

ネット通販で芝生を購入するメリット

まずは、ネット通販で芝生を購入するメリットを3つ解説します。

ホームセンターで売られていない品種を確実に入手できる

ネット通販で芝生を購入する最大のメリットは、ホームセンターで売られていない品種を確実に入手できることです。

ホームセンターで売られている品種の多くは高麗芝です。TM9や姫高麗芝は取り扱っていない店舗の方が多く、店頭で見かけることは少ないです。その他の改良品種や西洋芝に至っては、ホームセンターではまず売られていません。

また、高麗芝以外の品種は入荷数が限られている場合が多いので、広い面積に芝生を張りたくても必要数を確保できなかったり、あまり状態が良くない芝生しか残っておらず妥協して買わざるを得ない可能性もあります。

それに対して、ネット通販であれば好きな品種を好きな数量だけ注文して、確実に入手することができます。欲しい品種やお住まいの地域によっては、実質的にネット通販で購入する以外の選択肢がない場合もあるでしょう。

ただし、最近は芝生をネット通販で購入する人も増えてきた為、TM9など人気の品種は早々に売り切れてしまうことがあります。芝生は生き物ですので、一度売り切れてしまうと、次の芝生が育つまで再販されることはありません。

今シーズンの内に確実に芝張りをしたいという場合は、早めにネット通販で注文しておいた方が良いでしょう。

芝生に品種があるの?TM9って何?という方は以下の記事をご覧ください。

産地直送で新鮮な状態の芝生が届く

芝生を通販で購入するメリットとしてよく挙げられるのが、産地直送で新鮮な状態の芝生が届くというものです。

多くの販売業者では、注文が入った後に芝生の畑から必要な分だけ芝を切り出して発送しているので、そういう業者であれば新鮮な状態の芝生が届くことが期待できるのは事実です。

しかし、芝の密度が高いか、芝生の苗(ソッド)の厚みが十分且つ一定か、芝が元気な状態で病害虫の被害が無いかなど、芝生自体の品質が良いかどうかについてはまた別の問題です。

ネット通販で売られている全ての芝生が高品質という保証があるわけではありません。芝生を購入する際は、販売業者のWEBサイトに記載されている情報やネット上の口コミ情報を参考にすることによって、信頼できる販売業者かどうか見極めることが大切です。

芝生を自宅まで配達してもらえる

意外と見落としがちなんですが、芝生を自宅まで配達してもらえるというメリットは大きいです。

芝生の苗(ソッド)には水分を含んだ土が多くついているので、見た目の印象以上に重量があります。しかもこれから芝張りをする人は、芝生を数束~何十束と買う必要があるので、これを自分で運ぶのはかなり大変です。

ネット通販で芝生を買えば、配達業者の人が自宅まで配達してくれるので、自分で重たい芝生を車に積み込んだり、庭へ積み下ろす必要はありません。芝生の苗についた土で車内を汚す心配もありません。

これは芝生を張る面積が広ければ広いほど大きなメリットです。お金で時間と労力を買うことができるからです。ただし、販売業者によっては、通販で一度に購入できる芝生の量の上限が決まっている場合があるので気を付けてください(例えば一度に30㎡までなど)。もし上限を超える場合は、複数日に分けて注文するか、販売業者に直接相談するようにしましょう。

ネット通販で芝生を購入するデメリットは価格が高いこと?

ネット通販で芝生を購入するデメリットは価格が高いことだという意見をよく聞きます。

ホームセンターの店頭で購入する場合と違って、ネット通販で芝生を購入する場合は送料がかかるので、その分だけ価格が高くなるのは事実です。それでは、実際にどれぐらい価格が高くなるのでしょうか?

上記は10㎡分のTM9を購入する場合に必要な価格を比較検証したものです(調査日2022年4月25日現在)。

ホームセンターとネット通販の価格差は、想像していたより少ないと思いませんか?

実はそうなんですよ。TM9の場合であれば、ネット通販とホームセンターの価格差は1㎡あたり400~500円程度しかありません。楽天ユーザーで楽天ポイント還元率が高い人であれば価格差はもっと少なくなります。

それでもホームセンターの店頭販売に比べれば高いのは事実ですが、ネット通販で購入した場合に得られるメリットと天秤にかけた場合、芝生をネット通販で購入するというのは十分に合理性のある判断になり得ます。

ただし、これはTM9を購入する場合の話です。普通の高麗芝であれば芝生本体の価格が低いので、ホームセンターとネット通販の価格差は大きくなります(送料は芝生の品種に関わらず一律かかるため)。また、高麗芝であれば近所のホームセンターで簡単に購入することができるので、わざわざネット通販で購入するメリットは少ないでしょう。

どんな場合でも芝生はネット通販で購入した方が良いというわけではなく、ネット通販のメリットを踏まえた上で検討すると後悔のない選択ができるのではないでしょうか。

この記事の価格比較表における「送料」は、関西地方へ普通便で配達した場合の目安金額です。地域によって送料が異なる場合があります。また、季節によっては普通便ではなくクール便での配達となり、送料が変更される場合があります。実際にかかる「送料」は各通販サイトで確認してください。

実際にネット通販で芝生を購入してみてわかったデメリット

それでは、ネット通販で芝生を購入するデメリットは価格が高いことだけかと言うと、そうではありません。

私が実際にネット通販で芝生を購入してみて、初めて気付いたデメリットがありましたので解説します。

どんな芝生が届くかは実際に届いてみるまでわからない

芝生を通販で購入すると、実際に商品が届くまでどんな芝生が届くかはわかりません。

一般的に、芝生に限らず植物の苗をネットで購入する場合、WEBサイトに載っている写真と同じ個体が発送されるのではなく、写真と同じ品種で同じぐらいの状態のものが発送されます。つまり、どんな商品を発送するかは販売業者が決めるため、買い手が選ぶことはできません。

もっとも、販売する商品は販売業者が事前にチェックしており、問題のある商品はその段階で取り除かれていると思うのですが、稀にちょっと問題のある商品が届くことがあります。

これは私が実際にネット通販で購入した芝生が届き、段ボール箱開封したところの写真ですが、芝生に特定の虫が多数同封されていました。芝生は植物ですから虫がつくのは仕方ない面はありますが、この時は段ボール箱5箱(芝生10㎡分)の中に特定の虫が60匹以上いましたので、ちょっと多すぎるというのが正直な感想です。私は芝生のプロではありませんので、この虫の種類や芝生への影響についての言及は控えます。

ホームセンターの店頭で売られている芝生であれば、購入する前に自分で芝生の状態を確認できるので虫がついていればわかりますよね。もし購入した後で虫がついていることに気付いたとしても、自分が見落としたのだから仕方ないと諦めもつきます。しかし、ネット通販で購入した場合は届いたものをそのまま受け入れるしかありません。

これが一般的な製品であれば、届いた商品に異物が混入している/不良品であるとして返品することも考えられますが、生き物である芝生は原則として購入後に返品することができません(※)。虫がついていたこと自体は仕方ないと思うのですが、事前に虫がついているとわかっている芝生を買うかと聞かれれば私は買いません。

ここで言いたいのは、買った芝生に虫がついているのはおかしいとか、販売業者を非難したいということではありません。この芝生を張ったところは問題なく根付いて成長していますし、気にすることではなかったのかもしれません。ただ、ネット通販で購入すれば必ず最高の芝生が手に入るというわけではなく、どんな芝生が届くかは実際に届いてみるまでわからないということは覚えておきましょう。

不安だから絶対に自分の目で確かめてから買いたいという人は、ホームセンターに相談して芝生の入荷日当日に買いに行くか、近所に芝生生産農家の方がいれば直接相談するのもいいかもしれません。

(※)返品することができないというのは、通販サイト上に返品不可と明記されているという意味です。今回のケースで返品が可能かどうか私は確認しておりませんので、業者に返品を断られたという意味ではありません。

芝生の到着日が不確実/届いてすぐ芝張りできるとは限らない

注文時に配送日時を指定していたとしても、天候の都合によって変更される可能性があります。

これは、発送時に芝生農場で雨が降っていると、芝生と土が水分を含むため段ボールに入れて発送することができないからです。ある程度は乾いてからでないと発送できないでしょうから、天候によってはしばらく発送できないという可能性もあり得ます。

また、無事に芝生が届いたとしても、自宅の方で雨が降っていれば芝張りすることができません(小雨ぐらいなら別ですが)。場合によっては、芝生は届いたのに雨のせいで一週間後の休みまで芝張りできない、なんてことがあるかもしれません。

天候のリスクをゼロにすることはできませんが、事前に土壌改良を終えておいて芝生が届いたら直ぐ芝張りできる状態にしておき、天気予報を見てなるべく晴れ間が続きそうな日を到着日にしておけば、リスクを回避できる可能性が高まるでしょう。

芝生の土壌改良については以下の記事をご覧ください。

TM9をネット通販で購入できるWEBサイト

芝生をネット通販で購入するメリットとデメリットを踏まえた上で、やっぱりネット通販で購入しようという方のために、芝生の人気品種TM9をネット通販で購入できるWEBサイトを紹介します。なお、名称はWEBサイト記載のものです。

鹿児島プロジェクトさん

楽天ショップ「鹿児島プロジェクト」はTM9の正規生産販売店です。TM9の開発元であるトヨタ自動車のWEBサイト上でも紹介されているので信頼の置けるショップと言えるでしょう。

発送日の当日の朝に芝生を切り出して箱詰めしてから発送してくれるので、新鮮な状態の芝生が届くことが期待できます。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
プロジェクト鹿児島
¥30,850 (2022/09/25 09:04時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

調査日2022年4月25日現在、TM9を在庫有りで販売しているショップは「鹿児島プロジェクト」しか見当たらず、他のショップは売り切れになっていました。

5月の連休シーズンを前に注文が殺到する可能性もありますので、今直ぐにTM9が欲しいという方は急いで注文しないと売り切れてしまうかもしれません。

「鹿児島プロジェクト」は楽天市場に出店しているので、クレジットカードでの決済や楽天ポイントでの支払いが可能です。「鹿児島プロジェクト」は通常価格でも他の通販ショップと比べて安価にTM9を購入できますが、楽天ユーザーの方は楽天ポイント還元率を考えると更にお買い得と言えるでしょう。

「鹿児島プロジェクト」ではTM9を1㎡単位・2㎡単位・10㎡単位の3パターンで販売していますが、2㎡単位は送料別・10㎡単位は送料無料の設定になっています(1㎡単位は端数調整用なので価格メリットはありません)。10㎡以上購入する場合のお得な買い方としては、送料が安い地域の場合は2㎡単位で購入、送料が高い地域の場合は10㎡単位で購入した方が安くなります。

ちなみに関西地方の人が10㎡購入する場合は「2㎡単位×数量5で注文」した方がお得になります2㎡単位で購入すると送料込20,300円ですが、10㎡単位で購入すると23,600円になります(配送方法が普通便の場合・楽天ポイント還元は未考慮・実際の金額は販売サイトでご確認ください)。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

鳥取県芝生産組合さん

「鳥取県芝生産組合」は鳥取県で芝の生産販売を行っている組合です。設立は1959年(昭和34年)と長い業歴があり、TM9の開発元であるトヨタ自動車のWEBサイト上でも紹介されている信頼の置ける販売元です。ちなみに、トヨタ自動車のWEBサイト上で紹介されている取扱店は「鹿児島プロジェクト」と「鳥取県芝生産組合」の2つだけです。

「鳥取県芝生産組合」では注文を受けた後に芝の畑から必要な分の芝を切り出しているので、新鮮な状態の芝生が届くことが期待できます。

残念ながら、調査日2022年4月25日現在はTM9を含む全ての芝生が売り切れとなっており注文することができません。同組合のFacebook上では「次回の販売再開は5月中旬以降」と案内されていましたので、気になる方はFacebookの情報を確認してみてはいかがでしょうか。

なお、「鳥取県芝生産組合」はAmazonや楽天などのポータルサイトには出店していないので自社ECサイトからのみ購入が可能です。クレジットカードでの支払いに対応しておらず、銀行振込の先払いのみの取り扱いとなるので、急ぎで欲しいという方は注意が必要です。

バロネスダイレクトさん

「バロネスダイレクト」はプロ仕様の高級芝刈機で有名なバロネスブランドの通販サイトです。「バロネスダイレクト」では芝刈り機や芝生管理用具などの他に、TM9をはじめとした多種類の芝生の苗や種も取り扱っています。

「バロネスダイレクト」でも発送日の当日に芝を切り出して箱詰めして発送しているので、新鮮な状態の芝生が届くことが期待できます。

「バロネスダイレクト」のTM9は鳥取県で生産されています。同サイト上では『徹底した品質管理だから満足いただけるプレミアムな芝苗を自信を持ってお届けします!』と紹介されています。

他の通販ショップに比べて「バロネスダイレクト」の価格は割高ではありますが、楽天市場のレビュー評価もかなり高い傾向にありますので、品質に拘る方にとっては選択肢になり得るのではないでしょうか。

しかし残念ながら、調査日2022年4月25日現在はTM9が売り切れとなっており注文することができません。同サイト上では「秋頃販売再開予定」と案内されていましたので、気になる方は販売サイトを確認してみてください。

なお、「バロネスダイレクト」ではバロネスブランドの高品質目土や目砂も販売されています。バロネスブランドの製品はホームセンターなどでは販売されておらず、ネット通販でしか購入することができません。私もネット通販で購入して使ってみたことがあるのですが、その品質は流石というほかありませんでした。価格が高いのが欠点ですが、芝生に拘りのある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ネット通販で芝生を購入するメリットとデメリットのまとめです。

  1. ネット通販では産地直送で新鮮な芝生を購入することができる
  2. しかし実際にどんな芝生が届くかは到着するまでわからず、
    原則として購入後に芝生を返品することはできない
  3. 配送日時を指定していても天候によっては日程変更される場合がある
  4. TM9であればホームセンターとネット通販の価格差はそれほど大きくない
  5. 芝生在庫が売り切れになっている通販ショップが増えてきているので、
    今シーズンに芝張りをしたい場合は急いで注文した方が良い

ネット通販で芝生を購入するメリットは大きいですが、デメリットもあるのは事実です。どんなデメリットがあるのかを理解した上で注文すれば、後から後悔する事態を避けやすくなるのではないでしょうか。それを踏まえて、是非あなたも芝生生活を楽しんでみてください!



いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

↓私が庭DIYや芝生管理で実際に使っている“おすすめ製品まとめ”はこちら↓

芝生通販メリットとデメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次